高齢出産に挑む前に知っておくべきこと

妊娠生活の過ごし方

 

高齢出産をする方は妊娠中の過ごし方にも注意をしておきましょう。具体的にどのような過ごし方をすれば良いか、妊娠中の注意点などと一緒に確認しておきましょう。

 

体調を毎日チェック

高齢出産になると、流産や早産のリスクが少々高くなります。35歳以上の方が妊娠をすると、20%の確率で流産の可能性が出てくるので、一般の流産確率13%と比較しても、注意をしておきたいという意味が、分かってくると思います。

 

他にも、妊娠高血圧症候群、糖尿病といった病気にかかってしまう確率も高くなっていますので、体調の変化には十分に気を付けて過ごしてもらいたいと思います。30歳を過ぎると生活習慣病や、その予備軍とされる割合が増えてくるので、これらの原因によって引き起こされてしまう事もあります。

 

いずれにせよ、毎日自分の体調をしっかりと確認しながら、おかしな点に気が付いたらすぐに病院を受診するように心がけておくといいでしょう。

 

注意しておく点

まず妊娠中の食生活には気を配っておきましょう。基本的なことですが、バランスの良い食事を心がけてください。つわりの時期などは無理ですが、つわりが終わり体調が安定してきたら、1日3食をバランスよく食べるようにしましょう。

 

食事を作るときには、塩分をできるだけ少なくして、カロリーのとりすぎにも注意してください。妊娠している時に食べているものは、全て胎児と母乳に影響を及ぼしますので、自分の体調もそうですが、胎児の事も考えて規則正しい食事をとれるようにしましょう。

 

ちなみに、青魚と呼ばれる魚を食べるのはとても良いので、サンマなどの青魚をメインにして献立を考えてみてはいかがでしょうか。

 

そして妊娠中の体重管理はしっかりしておきましょう。毎日体重を測って記録しておくといいでしょう。もしも1週間に500g以上体重が増えていたら医師にしっかり申告をしてください。急激に体重が増加することも危険なので、気を付けましょう。