高齢出産に挑む前に知っておくべきこと

妊娠高血圧症候群

 

気を付けてもらいたい妊娠中の疾患の中に妊娠高血圧症候群というものがあります。重症化してしまうケースもありますので、妊娠高血圧症候群にならないように、普段から気を付けておきたいものです。

 

妊娠高血圧症候群とは?

妊婦さんの20人に1人が妊娠高血圧症候群になると言われています。主に妊娠32週以降にこの病気になるのですが、中には早期型という妊娠32週未満で発症してしまうことがあります。

 

早期型になってしまうと、病気が重症化することがあり、母体は血圧が上昇していき、蛋白尿が出てしまいます。さらにけいれんを起こしたり、脳出血や肝機能障害などを引き起こすこともあります。

 

このときの赤ちゃんの状態は、発育不全になる、子宮から胎盤が剥がれてしまう、胎児の容体が急変して亡くなってしまうなどの危険性を伴っています。もしも重症化した場合は、母子ともに危険な状態になることが考えられます。

 

なりやすい人

糖尿病や高血圧、腎臓病を患っている人はなりやすくなっています。そのほかに、肥満傾向にある人、高齢出産の人、家族の中に高血圧の人がいる場合などもなりやすいとされています。

 

つまり、高齢出産を目指して頑張ろうとしているあなたも、妊娠高血圧症候群になる可能性があるという事です。

 

予防方法

実はこの妊娠高血圧症候群というのは、予防をしたいと思っても未だにコレだという確立された予防法がありません。ですから、定期健診の際にしっかり血圧を計測して医師の診断を受けておく必要があります。

 

治療方法

主な治療方法は安静にしている事や、入院をして管理するということです。重症化している場合には、けいれんなどを起こさないようにする為に、高血圧を改善させる薬を服用することもあります。

 

このように、妊娠高血圧症候群はとても危険な病気になります。妊娠前から健康的な生活を送っていれば、なる確率は少しは減少すると考えられますので、生活習慣をしっかりと見直していきましょう。