高齢出産に挑む前に知っておくべきこと

ダウン症の子供が生まれる確率

 

高齢出産の場合には、ダウン症の子供が生まれる確率が増えます。この問題に対して、とても多くの意見が飛び交っていますが、自分自身がダウン症の子供を育てていけるのか?産む決意があるのか?避けたいのか?という部分をしっかりと考えることが出来なければいけません。

 

高齢出産をするという事は、このような可能性が高まってしまい、一般的な妊娠よりも悩むことが増えてしまうということなのです。それが悪いというわけではなく、どのような考えを持って高齢出産に臨むのか、真剣に夫婦で話し合うべきことなのです。

 

年齢によるダウン症の出生率

一般的に日本の新生児の中で1000人中に1人がダウン症と言われています。もう少し的確に調べていくと、700〜800人中に1人の割合とも言われています。この確率を見ている分には、あまり気にしなくてもいいのかな?と思うかもしれません。しかし高齢出産の場合は少し確率が異なります。

 

ダウン症は染色体異常が原因となっている病気なのですが、高齢になればなるほどに、ダウン症の出生率は高まっていきます。

  • 20歳→1667分の1
  • 30歳→952分の1
  • 35歳→378分の1
  • 40歳→106分の1
  • 45歳→30分の1

この数字を見て、高齢者がどれだけリスクが高いのか分かってもらえると思います。35歳になると一気に確率が高まっていますので、やはり高齢出産はダウン症のことをしっかりと把握しておくべきなのです。

 

ダウン症だと判明したら

あなたの赤ちゃんが、ダウン症だと分かったらどうしますか?急にそんなことを言われても、何も考えられないというのが正直なところだと思います。しかし実際にこのような話をされる夫婦がいるという事を、覚えておいてください。それが他人事ではないということも、頭に入れておかなければなりません。

 

ダウン症だから育てる自信がないという人もいれば、絶対に産みたいという人もいますし、考え方は十人十色なのです。ですからこればかりは強制することは出来ませんが、いつなんどきこのような話が出てもいいように、夫婦間でしっかり話し合っておくことをお勧めします。