高齢出産に挑む前に知っておくべきこと

病院の選び方

 

出産には第一に病院選びをするという大事な準備があります。高齢出産の場合ですと、少しだけ選択肢が減ってしまう事があります。一般的には大丈夫であっても、高齢出産だと受け入れてもらえないという事があるからです。

 

例えば、最近人気がある出産方法で「助産院」で産みたいと希望する人が増えていますが、高齢出産の場合は断られてしまう可能性があります。これは助産院には、高度な医療機器が揃っていないので、万が一のことを考えたら断るしかない・・・ということなのです。

 

自然にありのままの状態で、分娩ができるということで人気なのですが、高齢出産の人には少し難しいのかもしれません。こうなると、大きな病院や設備が整っている病院を考えるしかありません。ですから、高齢出産の場合は最初から大きな病院などを選択するようにしておくと、手間がかからなくていいのかもしれません。

 

病院選びのポイント

  • 自宅から近くにある病院を探す
  • 緊急対応が出来る病院を探す

これらは基本的なことなのですが、高齢出産の人の場合は結構大事なポイントになります。

 

妊婦健診をしに行くときに、つわりが酷い、身体の調子が悪いと言った場合でも、予約をしているので行かなければならない時があります。そんなとき、近くの病院であれば簡単に行くことが出来ますし、疲れることも少ないので、自宅から近い病院を探すように勧めています。

 

また、緊急に対応をしてもらえる病院がお勧めなのは、高齢出産で考えられる危険性を回避するためという意味になります。若い人の出産とは異なることがありますので、何かあったらすぐに対応してもらえるような病院が、理想的だと考えられます。

 

ただ、大きな病院の場合は、検診の時などの待ち時間がとても長いということで、毛嫌いする人もいますので、比較的スムーズに検診が出来る個人病院を探す人もいます。個人病院でも診てくれる、対応してもらえるという事であれば、問題はないでしょう。