高齢出産に挑む前に知っておくべきこと

高齢出産の定義と晩婚化の現状

高齢出産というのは、聞くだけで女性が不安を感じてしまう言葉になってしまっていますが、実際に高齢で出産を望む人は多く、母子ともに健康な状態で産み、育児に取り組んでいる人も数多くいます。まずは不安を感じるよりも高齢出産に関する知識を身に着けてみませんか?

 

高齢出産とは

統計上・医学上で35歳以上の女性が妊娠をする、出産をすることを高齢出産と呼びます。日本産婦人科学会で、35歳以上で初産婦の場合高齢出産という定義を決定しました。平成3年までは30歳以上を高齢出産と言っていたのですが、30歳を過ぎてからの初産婦がとても増えたことで、定義が変更されて35歳以上になったのです。

 

ですから、今までは30歳以上でも高齢出産として定義になっていたものが、35歳に引き上げられただけなので、30歳を超えてからの妊娠・出産はどちらも同じようなリスクがあるという事です。35歳になったからといって、突然リスクが倍になるなどの事はありません。

 

ただ、20代の妊娠とはやはりリスクは異なってきますし、高齢出産であるという自覚を持つことはとても重要なことだと思っていてください。

 

現在の状況

晩婚化が進んだことによって、妊娠や出産をする年齢がどんどん上がってきています。ですから高齢での初産は珍しいものではなく、産婦人科には30代の妊婦さんがとても多くみられるようになりました。

 

医療体制は、とてもしっかりとしているのが日本の現状ですから、高齢出産に当てはまっていても、危険だから産むな!という選択は迫られません。母子ともに健康に出産を迎えられるように、サポートしてもらえる環境が整っていますので、不安に思うよりも、頑張ろうという気持ちを持ってもらいたいと思います。

 

豆知識

かなり高齢で出産した日本人として、60歳女性が卵子の提供を受けたうえで妊娠をして出産をしたという話がありました。自然妊娠ではないものの、出産をすることが出来たというのが、心強い話になります。ちなみにギネスに登録されている方は、67歳で出産をしたのですが、こちらは体外受精でした。

高齢出産で考えられるリスク

高齢出産には、とてもたくさんのリスクがあるのではないか?という不安を口にする人がいます。確かにリスクはありますが、それは20代でも30代でも40代でも同じように伴うものです。

 

高齢でも若い人と変わらず、何も問題なく出産する人もたくさんいます。そう考えると、リスクは誰にでもあると言えますが、参考までに高齢出産に特化したリスクを考えてみましょう。

 

高齢出産はどのくらいリスクを抱える?

高齢出産をすると、どのようなリスクがどの程度増えてしまうのか、一般的な出産を例にして比較しながら、確認していきましょう。

 

流産のリスク

一般的な妊娠の中で、自然流産をしてしまう確率はおよそ「10〜15%」と言われています。しかし35歳以上になると「20%」となり、少しだけ確率が上がります。自然流産というのは、卵子が老化してしまったことで、胎児に先天性異常が出てくることが原因になるとされています。しかし年齢問わずに、自然流産というのは防げるものではなく、無常ではありますが、仕方のない事として受け入れるしか無いのです。

 

先天異常のリスク

年齢とともに先天異常のリスクもやはり上がっていきます。25歳〜29歳で「1.88%」とされており、35歳〜39歳で「2.02%」となります。少しの差ではありますが、リスクが高くなります。ただ、加齢が原因となり先天異常が現れてしまうのは、染色体異常つまりダウン症が多いとされています。ですから、35歳以上の出産はダウン症のリスクが高いという事が言えます。

 

これは葉酸サプリメントを妊娠前から摂取しておくことで、リスクを低減することが出来ます。高齢出産の場合、先天性異常の高くなるので、葉酸はお守りだと思って、十分に摂るよう心がける必要があります。

 

帝王切開のリスク

自然分娩がしたいと思っていても、高齢出産となれば、医師も慎重になりますので、気持ちは強く持っていても、現実には帝王切開での出産になる事が多いのです。帝王切開は、自分からの提案ではなく、医師が提案してくることが多いのが現実です。

 

このように、高齢出産になるとやはりリスクが高くなると言えますが、それでも出産をするという強い心を持っていれば、不安を感じることはありません。それよりも希望が待っていると思えばいいのです。

まとめ

高齢出産に挑む女性に、様々な情報を提供していきたいと思います。高齢出産の基本的な情報や、定義についてのお話をしていきます。そのほかに起こりうるリスクについて、メリットとデメリットなどをご紹介していますので、高齢出産をするときに何に気を付けておけば良いのかチェックしてみてください。

 

実際に高齢出産をすることになった場合、出産前の準備としてどのように病院選びをすればいいか、妊娠中の生活について気を付けることなどをお伝えしていきます。また高齢出産の分娩に関して帝王切開や吸引分娩になる可能性をお伝えし、出産後の育児や起こりうる問題に関しても予習をしてもらいたいと思います。

 

妊娠高血圧症候群やダウン症、出生前診断の詳しい情報も提供していきますので、参考にしてください。

更新履歴